バックナンバー

現在増加中の葬儀

マナーを守って葬儀に参列する

変わりつつある現代の葬儀

葬儀といえば、一昔前までは隣近所に手伝ってもらい比較的大きな規模で行うことが一般的でした。しかし、現在は家族葬といった親戚やごく親しい知人のみが参列する式を行う家庭が増えています。まず故人が生前から人生の最後は、本当に近しい人のみに見送られたいという要望をしていることが多いのと、費用的にも家族葬であれば残された家族に負担になることが少ないと考えているからです。今後もますます家族葬のような小さな葬儀を望む人が増えていくことでしょう。

↑PAGE TOP