• トップ /
  • 葬儀に参列する際のマナー
バックナンバー

不祝儀袋にも種類があります

葬儀に参列する際のマナー

葬儀のための香典の準備と渡し方

葬儀に参列する際には香典の用意が必要です。香典にはマナーがありますので、事前に確認しておく必要があります。間違えたマナーは故人や喪主に失礼ですので、間違えないように注意しましょう。香典は不祝儀袋に入れて持参しますが、市販の不祝儀袋にはいくつか種類があります。一般的に蓮の絵がついているものは仏教にしか使うことができません。蓮の絵がなく、白と黒などの水引がついているものはどの宗教でも使うことができます。不祝儀袋には、参列者の名前を書きます。そのときにはできるだけ、薄墨の筆ペンを使うのが良いでしょう。薄墨の筆ペンとは、通常の墨よりも薄く、グレーに近い色のものです。葬儀などの忌事には薄墨を使うのがマナーとされていますが、その理由は涙で墨をすった、涙をイメージさせるなど諸説あります。葬儀に持参するときには、袱紗と呼ばれる紫色などの風呂敷に包むこともマナーです。現在の葬儀の多くは、受付に渡すようにされていることが多いでしょう。渡すときには、受付の人に参列者の名前が見えるように渡します。一言「この度はご愁傷様です」などと一言加えると良いでしょう。香典を渡す際にはマナーがありますので、いざというときに慌てないようにしっかりと確認しておくことが大切です。

↑PAGE TOP