バックナンバー

自分に合った葬式

マナーを守って葬儀に参列する

バラエティー豊富なお葬式

かつてお葬式は自分で方法を選べるものではありませんでした。しかし現代はバラエティー豊富な選択肢から自分のケースにあったお葬式を選べる時代になっています。費用も安く抑えられるプランも多数出てきています。無宗教の人が増える中、お花をふんだんに使ったプランや、火葬のみに絞ったプランもあります。社会の変化によって家族だけで執り行う家族葬や一日葬も人気で、会場を借りず自宅で執り行う自宅葬は近年非常に注目されています。

葬儀に望めることについて

昨今では人々のライフスタイルの多様化が進んでいますが、葬儀に関しても様々な考えがあります。一般的なものだけでなく、にぎやかな音楽葬など、故人の趣味趣向を前面に出したものなども可能となっています。また、お別れの場でもあるので、家族のみで過ごせるような家族葬も好まれています。最近の風潮としては、エンディングノートなどで遺族に葬儀に関する希望を出す人も増えていますので、それにこたえられるよう、多種多様な式を行えるところが多いです。

↑PAGE TOP