• トップ /
  • 葬儀の参列時に最初に行う記帳
バックナンバー

まずは氏名と住所を記帳

葬儀の参列時に最初に行う記帳

受付での記帳が葬儀の最初です

葬儀に参列すべく会館等を訪れた場合には、まず最初に式場の前等に設けられた受付に出向きます。そこで持参した香典を受け付けの係の方に丁重にお渡しし、その後記帳します。受付での記帳は、遺族の方が忙しさに紛れて参列してくれた方すべてを記憶する事が出来ないのをカバーするために必要なため、必ず住所や氏名を記帳する様にしたいものです。故人とは親交が深くても、遺族が知らない方も多く、香典袋に住所と氏名を記載し、また記帳もしっかりと行い、遺族の方が香典返しを行う際に、送付先が分からず困ると言った事が無いようにしたいものです。受付を終えると、参列者は式場の席に着き、心静かに葬儀の開式を待つのが一般的です。一方、受付の係の方は香典袋を針を使って糸を通して紛失の恐れが無いようにします。近所の方が葬儀を手伝い、取り仕切っていた頃には、香典袋から現金を取り出し、その氏名と金額を別途記載するという方法が一般的でしたが、最近ではこうした作業は余り行われないようです。葬儀が始まり、導師様の読経が続く中、やがて親族から一般参列者へと焼香が行われます。そして全体の止め焼香の前に、司会者が受付の方の焼香を促しますので、香典を管理するため、交代で焼香に向かいます。また、お預かりした香典と記帳は、通夜、葬儀の各終了時に遺族の方にお渡しし、その役目を終えます。

↑PAGE TOP