• トップ /
  • 葬儀に参列する時のマナー
バックナンバー

通夜と葬儀の際の服装

葬儀に参列する時のマナー

葬儀で気を付けておきたい事

日常生活の中で突然その機会が訪れるのが、葬儀への参列です。仕事関係者も数多く集まる場である事が多く、社会人として最低限のマナーを身に付けておく事が必須となっています。機会としてはそれほど頻繁にある事でも無いので、いざという時に知らない内容が多く、些細な事で恥をかいてしまう場合もあります。普段から備えておくと良いでしょう。まず、葬儀に参列する際の服装のマナーですが、通夜については、黒かそれに近い服装であれば、喪服では無いものでも良いとされています。葬儀の一連の流れの中でも通夜は突然参列しなければならなくなる機会も多く、備えのない中で急遽伺う場合などもあるので、この様なマナーとなっています。もちろん華美なアクセサリーなどは避け、弔いの気持ちを持って臨みます。また、葬儀の中でも告別式は、少なくとも一日以上後に執り行われる事が多く、参列する側も準備を整える時間があるので、きちんとした喪服を着用して伺うとよいでしょう。社会人として押さえておきたい葬儀に関するマナーは、大切な場で相手に失礼のない様、社会人としてとても重要です。とっさの時に慌てる事のない様、日頃から基本的な知識を持っておきましょう。

↑PAGE TOP